水素利用の燃料電池トラクター、クボタ2025年世界初導入へ

電力・エネルギー

少しずつ、よくなる社会に・・・

トラクターをFCV(Fuel Cell Vehicle)水素燃料電池車に

トヨタのFCVはなかかな広がりを見せていません。
最大のネックの一つが、水素燃料を補給する水素ステーション設置の高コストと普及台数の少ないこと。
相互に関係している要因なので、どこかの時点でブレイクスルーことも、現状ではイメージできない。
そうしたマイナスの条件に影響されない方法を利点とすることが可能ということで、関心をもって読むことができたニュースが。

農機具最大手クボタ、2025年水素燃料電池車(FCV)トラクターを世界に先駆けて商用化

FCVの特性は、自車で発電するため、長時間作業が可能で、重量やコストのかさむ車載電池をEVより小型化が可能であること。
農機は農業全体の温暖化ガス排出量の最大3割を占めるとされ、FCV化は、脱炭素の理に叶った取り組み。

クボタの開発の中心は、50~100馬力の中大型トラクター。
現在のディーゼルエンジン主力機種1台800万~1100万円に対して、約4割高くなる模様。

トラクターの多くは、利用場所が特定されるものであり、充填した水素を農家に配達すれ水素ステーションなどのインフラを設ける必要がない。
こうした部分部分、一つの一つの水素エネルギー利用事業モデルの積み上げ・統合も図りつつ、全体ビジョン構築とその動向・推移を踏まえて、2250年の水素エネルギー社会実現に、集結・集約すべきと考えます。

(参考)
⇒ 燃料電池トラクター クボタ、水素活用し世界初  25年にも :日本経済新聞 (nikkei.com)

今月2022年6月から、<2050年水素社会実現までの途上記録>とサブタイトルを付して、水素エネルギーに関する情報や動向を簡潔に取り上げていくことにします。

2050年水素社会実現までの途上記録-1:2022/6/2

                     少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


年間記事ランキング

  1. 1

    2020年人口動態調査に見る、少子高齢化・人口減少社会:日本の人口1億2427万1318人

  2. 2

    帝国的生活様式、グリーン・ニューディール、気候ケインズとは:『人新世の「資本論」 』が描く気候変動・環境危機と政治と経済-1

  3. 3

    ローカル・フードシステム、オルタナティブ・フードシステム、CSA実践・実現のための課題:『日本の食と農の未来』から考える-3

  4. 4

    水素利用の燃料電池トラクター、クボタ2025年世界初導入へ

  5. 5

    みずほ銀行岡崎支店が名古屋駅前支店内に移転?

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
おすすめ記事1 おすすめ記事2 特集記事
  1. 経済成長主義に基づく子育て支援政策の限界:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-4(総括)

  2. 子育て支援は女性活躍が目的なのか?:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-3

  3. 親にとって子育ては次世代への投資か?:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-2

  1. 既存原発立地県福井県の水素産業化政策から考える、廃炉までの原発の水素産業化限定利用

  2. 米国EV税優遇、自国3社のみ。ポーランド等NATO及びEU加盟東欧国、ウクライナ農産品禁輸:共通する自国第一主義・保護主義と向かうべきその方向

  3. 看取り介護、直葬式、見送り、相続・社会保険諸手続き、永代供養・納骨手配、老後資金使途管理:100歳義母を看取り、見送った体験記録。終活の参考に

  1. WANを女性主体政党創設の基盤に:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-8

  2. 女性政党政治はジェンダー平等に反するか:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-7

  3. 日本版パリテ法「候補者均等法」で、どうなる女性議員クオータ:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-6

記事アーカイブ

過去記事ランキング

  1. 1

    グリーントランスフォーメーション(GX)とカーボンゼロ・イノベーション

  2. 2

    2020年人口動態調査に見る、少子高齢化・人口減少社会:日本の人口1億2427万1318人

  3. 3

    日本在住移民・外国人へのベーシックインカムをどうするか:BI導入シアン-19

  4. 4

    帝国的生活様式、グリーン・ニューディール、気候ケインズとは:『人新世の「資本論」 』が描く気候変動・環境危機と政治と経済-1

  5. 5

    みずほ銀行岡崎支店が名古屋駅前支店内に移転?

  6. 6

    ベーシックインカム導入で健康保険・介護保険統合、健保財政改善へ

  7. 7

    高校教育の多様化を教育の水平的多様性実現の起点に:『教育は何を評価してきたのか』から考える

  8. 8

    同一労働同一賃金制の本質-2:総合職・一般職コース制復活と専門・専任職制との統合

  9. 9

    ベーシックインカム生活基礎年金15万円で社会保障制度改革・行政改革

  10. 10

    明治安田生命、契約社員の7割女性1900人を正社員に。その背景と目的

TOP