1. HOME
  2. NOTES
  3. Diary & Memo
  4. 要介護1から要介護4への区分変更で5年間生活のサ高住退所へ:98歳義母介護体験記・第2フェーズ-1
Diary & Memo

要介護1から要介護4への区分変更で5年間生活のサ高住退所へ:98歳義母介護体験記・第2フェーズ-1

今年5月2日に
98歳の義母が、サ高住から特養に移りました
という報告をしました。

義母にとっては、左足大腿骨骨折は2度目のこと。
1回目の骨折は、2014年12月。
これをきっかけに、それまで同居していた義母の老人施設入居と私たち夫婦の介護生活が始まりました。

まず、駆け足で、その初年度の体験を振り返ります。


2015年当時93歳義母、左足大腿骨骨折でサ高住入所


同居していた義母が、93歳の2014年12月上旬に、左足大腿骨骨折で急性期病院んに入院し手術。
地域包括の連係で、リハビリのため回復期病院に転院。
入院中に要介護度の認定を申請し、翌18年1月に要介護1と認定。

私の妻も、心身ともに不安を抱えていたため、家に戻って在宅で家族介護をすることは共倒れになるリスクが非常に高いと判断し、退院と同時に、高齢者施設にそのまま転入することに。
本人は、家に帰ると、相当抵抗しましたが、私がなんとか説得。

数カ所見学したサービス付き高齢者住宅と特養のうち、自宅から近く、2015年8月に開所したばかりの新しいサ高住と契約。
(特養は、その当時には要介護3以上という条件はなかったのですが、1年以上待ちは当然だったので選択肢としては早々に排除。)
2015年3月下旬に介護タクシーに乗せて、そのままサ高住に直行し、新しい生活に入りました。

要介護度については、歩行器を使えば、ほとんど自力で自身の身の回りのことはできる状態でした。
当初は、家に帰りたいと言っていたのですが、周囲に人がいることで張り合いも出て、時々、物を取られたなどの被害者意識が出たのですが、なんとか慣れてくれて安定した生活を送ってくれました。

この骨折からサ高住入所、そしてその生活がなんとか軌道に乗るまでの介護体験を、当時、介護に特化したサイトに掲載。
そのサイトを廃止するに当たり、別のサイトにその記事を引っ越し。
それが、以下のラインアップになります。


2015年義母介護体験記シリーズ・ラインアップ

1)義母の骨折・入院から始まった老々介護を考える日々(2015/2/21)
2)地域包括ケア、地域連携診療という仕組みを知る(2015/2/22)
3)リハビリテーション病院への転院により回復期医療へ(2015/2/25)
4)自宅介護準備と介護施設検討の矛盾を抱えて(2015/3/1)
5)介護施設検索から資料取り寄せと見学体験(2015/3/5)
6)介護保険被保険者になり、老老介護有資格者に!?(2015/3/7)
7)要介護認定と老人介護被保険者証の交付を受ける(2015/3/8)
8)介護拒絶する要介護家族と介護者のすれ違い(2015/3/12)
9)介護支援専門員さんのサポートと介護施設入居日決定(2015/3/13)
10)介護施設入所説得とサービス付き高齢者住宅入居準備(2015/3/21)
11)サービス付き高齢者住宅入居と入居時会議、そして入居後の心配事(2015/3/25)
12)介護施設での居宅サービス計画と介護サービス内容、費用(2015/3/26)
13)訪問介護計画変更、通所拒否あり。義母、サ高住入居1ヶ月介護生活メモ(2015/4/24)
14)老老介護について知る機会を振り返る(2015/5/22)
15)ケアマネジャー退職・交替とサ高住経営の変化。そして大晦日・新年へ(2015/12/31)


サ高住生活の安定期(2016年~2018年)


彼女の食生活として特徴的なのは、毎朝食はトーストにスライスチーズを乗せて焼いてもらって食べること、毎食後リンゴを食べること、指定のバナジウム天然水のペットボトルの水を毎日飲むこと。
このスライスチーズと、皮を向いて1個を6分割したリンゴと水を手配するのはこちら。
水はネットで発注し施設に直送しますが、食べ物の方は、定期的に持っていく生活です。

歯もすべて揃っていて自分の歯。
勝ち気で、見栄っ張りで、他人とあまり交わりたくなく、一人で部屋にいることを好む性格。
そのせいか、翌々年2017年の認定区分更新時には、要介護1が要支援2になってしまうほど。
ただ、デイサービスを利用することも当然嫌っていたので、要介護1の時でも利用限度額にはかなり余裕がある状態だったので、まったく影響はありませんでした。

ただ、そうは言っても、齢を重ねていくので、次の認定更新時2018年には、要介護1に戻り、また安定レベルに。
次の認定更新時期は、初めて2年後となり、今年2020年1月に行われる予定でした。

しかし、昨年11月22日にサ高住から、左大腿骨が折れているようなので、救急外来に受診に行って欲しいと連絡。
翌23日に介護タクシーを利用して急性期病院に行き、受診、即入院に。

ここから一気に生活が一変することになりました。



2019年救急外来等外部医療機関利用機会が増える


ところで、やはり寄る年波に逆らうことができないかのように、2019年に入ってから、サ高住経営者である主治医から連絡が入り、他の病院を外来受診するよう要請が来る機会が増えました。

まず、年前半に、背中の皮膚の状況が良くないということで、紹介された近くの皮膚科を外来受診。
このときはまだ元気だったので、車に乗せて、歩行器を持参・利用して受診。
幸い大したことはなく、処方された薬の塗布を継続することになり、1回の受診でとどまりました。

次に、8月下旬、同医師から時々意識・記憶が薄くなりボーッとしていることがあり心配なので、救急外来に行って詳しい検査を受けて欲しいと連絡。
8月27日に大雨の中、検査を受けに行き、翌日28日に、慢性硬膜下血腫の疑いがあると診断。
特に治療は行わず、1カ月程度後に再度検査を行うということで、再診予約。
9月25日に再度検査をした結果、血腫は消えているということで、一過性のものだったと、一件落着。

8月27日撮影画像
9月25日撮影画像。右側頭骨の内側に薄く映っていた部分が消えていた。


2019年11月下旬、2度目の左大腿骨骨折での判断と要介護4認定


9月の慢性硬膜下血腫の疑いの恢復後、又普通に日常生活を送っていたのですが、11月22日に、サ高住から連絡があり、前日21日に転んで動けずにいたのを発見。
左足大腿骨が骨折したようなので、救急外来に行って欲しいとの突然の連絡。

翌23日に介護タクシーで病院に行き、即検査し、その日に入院し基礎的な治療を実施。
骨折は間違いないが、手術をするかしないかの判断が必要に。
医師団は、年齢を考慮すると、手術は生命の危険が伴うのでせずに、そのまま保存する方法を提示。
本人の希望を確かめると、もう手術するのは嫌、ということで保存治療を選択。

この時点で、歩行器での歩行は不可能になり、生涯車椅子での生活になることに。
11月29日に退院し、サ高住に戻る。
同日ケアマネージャーと打ち合わせを行い、ケアマネージャーから、市に要介護区分認定変更の申請を出して頂くことを確認し、12月からの要介護3以上を想定しての介護サービス計画の立案を要請。
施設にもその対応を依頼しました。

下の画像で、2回目の骨折の状況が分かる。
白く映っているのが、2014年の1回目の骨折で手術した人工骨頭及び繋いだ部分。
その下の先端の右に、細く亀裂があるのが2回目の骨折部位。



しかし、退院後しばらくして12月12日に、骨折部分が、太股に突き出してきて、外に飛び出す心配があるので、急性期病院に予約してあるので行くよう再度要請。
急ぎ翌日、介護タクシーで病院へ行き、レントゲン撮影。

その画像が以下。
骨折部分が、外に向かって突出してしまっている。
これが大きなコブのように、太ももから盛り上がり、痛々しい状態に変化していた。

この変化を受けて、再度手術すべきかどうか、外科に詳しい家族も交えて再度相談。
やはり手術では輸血が必要であり、体力的にも年齢を考えると命自体危険であること。
痛みに耐えて生活できるならその方がよく、本人もそちらが良いということで、やはり手術はしないことに決定しました。

ただ、その決定について、サ高住経営者でもある主治医(内科医)は、手術すべきという意見で、こちらの結論に至った経緯・理由などを、18日に直接会って伝える機会を持たざるを得なかった難しい状況だったわけです。

この間、12月16日に、サ高住で、市の担当員による区分変更申請に基づく面接審査を受けました。
そして年の瀬も迫りつつある26日に、要介護3よりも重い要介護4の認定決定報告を受け取りました。

これを受けて、翌日には、かねてから妻と決めていた入所希望の特別養護老人ホーム事業所を訪問し、入所希望手続きを行いました。
ただ、この事業所は2か所特養を経営しているのですが、どちらも1~2年くらいは待つ必要があるということでした。

いずれにしても、義母のサ高住生活にかかる経済的な負担は大きく、1日でも早く特養に入所できる局面になることが、かねてからの希望。
しかし、そのためには、要介護1では絶対実現不能で、まずは要介護3にならなければ入所申し込みさえできな買ったわけです。

10月に98歳になってまもなくの11月に2度目の骨折。
そして要介護4への変更。
特養入所が、実際いつになるのかは、この時点では分からず、経済的な不安解消の目処も立たなかったわけですが、一応実現の可能性が芽生えたということで、新しい年を迎えることになりました。

思いの外、今回のレポートに手こずりました。
年が改まり、サ高住退所に至るまでの経過と5年間お世話になったサ高住に関する意見感想等を次回に報告したいと思います。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


写真素材素材【写真AC】
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
無料イラスト素材【イラストAC】

おすすめ記事






















ピックアップ記事