中国がベーシック・インカム制を導入したら:BI導入シアン-3

社会政策

前回、
現状の年金生活者もベーシック・インカム受給者のようなもの:BI導入シアン-2
で、「もし中国がベーシック・インカム制を導入したら」という問いを投げかけた。

今回は、私なりの回答である。


コロナ禍により各国でばらまかれたヘリコプター・マネー

コロナで就労と収入の機会を多くの人が奪われ、日常生活に支障をきたすことから、各国で、救済措置が取られている。
なんらかの形で、政府が国民・住民に一時的な現金給付を行った。
いわゆるヘリコプターマネーを撒いた。
コロナにような感染症パンデミックに限らず、大規模災害時などにもこうした社会主義的な施策が、保守政治国・保守政治社会においても執られることは多い。

日本でも、全員一律10万円の特別定額給付金が配布された。
その殆どは、消費に回り、停滞する経済に多少なりともプラスに働くことになる。
大義名分は成り立ち、国民の多くは反対しない。
政治家も一律に受け取るのはおかしいという声が大きかったが。
まあ、これは、コロナ禍における総理・内閣、政治・行政、国会・国会議員のお粗末な仕事の連続を見ての、呆れ返りと怒りに拠るものなのだが。


一時的ではなく、継続して無条件で全員に配布するのがベーシックマネー


この一時的なヘリコプター・マネーではなく、生まれてから死ぬまで、無条件で、毎月、一律のおカネを給付するのがベーシックインカムだ。

特に何か厄災があった時に限らず、平時でも、非常時でも、変わらず給付する。
見方によっては、何かあった時に備えて、支給し続けるということも言える。
経済的に余裕がある人は、べーシックインカムに手を付けずに貯蓄しておくかもしれない。
(私の提案では、ベーシックマネーは、基本的には、家族を含め、他人への譲渡や相続はできないのだが。)

このとき、ベーシックマネーは、ヘリコプターマネーからファンダメンタルマネーに変わるのだ。


共産党一党独裁国家中国がベーシックマネー制度を取り入れたら

先述したが、コロナで、多くの国がヘリコプター・マネーの配布など社会主義的施策を執らざるを得なくなっている。

以前にも述べたが、実は過去、ベーシックマネー制は、政治体制において右からも左からも提案された経緯がある。
それなりに成程と思わせる理由があるわけだ。
ただ、時にそれはポピュリズム政策として、政治の道具とされる可能性がある。
タダでは済まない何かが裏にあるわけだ。

そこで、もし、中国がベーシックマネー制を導入したら?
習近平ならばやりかねないと思う部分がある。

人権問題で欧米諸国から非難・批判を浴びている、新疆ウイグル自治区への弾圧や、香港の民主化運動・反中国活動の抑圧。
それらに対する新疆や香港の人民すべてに、ベーシックインカムを給付して、生活の安心・安定を保障したら・・・。

加えて、3億人に近い農民工などの格差是正を掲げて、全人民にベーシックインカムを給付する共産党独裁政治を行ったら・・・。

人民・住民の抑圧された怒りや不満のかなりが消滅する可能性が十分ある。
その引き換えに、個人への監視が一層強化されるのだが、独裁政治が盤石なものとなる。

その財源は?
巨額な国防費を抑制すれば十分可能だろうし、ベーシックマネーのために特別のカネか暗号通貨を発行することくらい、独裁政治ならばいとも簡単なことだろうから。

ベーシックインカム導入でもたらす、人民の忠誠心は、ある意味、破壊兵器・殺人兵器にもまさる武器にさえなりうるだろう。
脅威である。

そして、国内基盤がより盤石になれば、国家資本を投じて既に経済的に植民地化しつつあるアフリカ・アジア等諸国にもベーシック・インカム的な支援を行えば、悪夢の覇権主義国家群が誕生する。
現地住民の圧倒的支持を受けて。
彼らは完全に洗脳される。
それで安心と幸せを感じることができるなら、それもいいのかもしれないが。
否、そのようなことは絶対にあってはならないのだ!
(外野が吠えてもせん無いことだが。)


民主主義のモデル国家日本としてのベーシックインカム制導入検討を

だから日本も先手を打ってベーシックインカムを!
などと短絡して主張する気はない。
しかし、そういうこともありうると考えておくべきかもしれない。
で、日本はどうするかを考え、議論し、望ましいベーシックインカムのあり方、実現の仕方を議論・検討すべきではないか。
ウィズコロナ、アフターコロナ、どちらを考えることにしてもだ。

ただ、それを推し進めるのが、戦前の日本への回帰を目論む超保守派・右派であっては絶対にならない。
まだ実現を見てはいないが、民主主義のモデル国家を創造するプロセスの軸の一つとして、ベーシックインカム制導入を位置付けることが望ましい。
それが望ましい2050SOCIETYに繋がると信じている。

<BI導入シアン・シリーズ>ラインアップ:
1.所得がある個人を別人格とみなす社会経済システム
2.現状の年金生活者もベーシック・インカム受給者のようなもの
3.中国がベーシック・インカム制を導入したら

次回は、4回目で「公務員の給料の一部は、ベーシック・インカムのようなもの」を予定。

写真素材無料【写真AC】

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


年間記事ランキング

  1. 1

    2020年人口動態調査に見る、少子高齢化・人口減少社会:日本の人口1億2427万1318人

  2. 2

    帝国的生活様式、グリーン・ニューディール、気候ケインズとは:『人新世の「資本論」 』が描く気候変動・環境危機と政治と経済-1

  3. 3

    ローカル・フードシステム、オルタナティブ・フードシステム、CSA実践・実現のための課題:『日本の食と農の未来』から考える-3

  4. 4

    水素利用の燃料電池トラクター、クボタ2025年世界初導入へ

  5. 5

    みずほ銀行岡崎支店が名古屋駅前支店内に移転?

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
おすすめ記事1 おすすめ記事2 特集記事
  1. 経済成長主義に基づく子育て支援政策の限界:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-4(総括)

  2. 子育て支援は女性活躍が目的なのか?:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-3

  3. 親にとって子育ては次世代への投資か?:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-2

  1. 既存原発立地県福井県の水素産業化政策から考える、廃炉までの原発の水素産業化限定利用

  2. 米国EV税優遇、自国3社のみ。ポーランド等NATO及びEU加盟東欧国、ウクライナ農産品禁輸:共通する自国第一主義・保護主義と向かうべきその方向

  3. 看取り介護、直葬式、見送り、相続・社会保険諸手続き、永代供養・納骨手配、老後資金使途管理:100歳義母を看取り、見送った体験記録。終活の参考に

  1. WANを女性主体政党創設の基盤に:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-8

  2. 女性政党政治はジェンダー平等に反するか:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-7

  3. 日本版パリテ法「候補者均等法」で、どうなる女性議員クオータ:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-6

記事アーカイブ

過去記事ランキング

  1. 1

    グリーントランスフォーメーション(GX)とカーボンゼロ・イノベーション

  2. 2

    2020年人口動態調査に見る、少子高齢化・人口減少社会:日本の人口1億2427万1318人

  3. 3

    日本在住移民・外国人へのベーシックインカムをどうするか:BI導入シアン-19

  4. 4

    帝国的生活様式、グリーン・ニューディール、気候ケインズとは:『人新世の「資本論」 』が描く気候変動・環境危機と政治と経済-1

  5. 5

    みずほ銀行岡崎支店が名古屋駅前支店内に移転?

  6. 6

    ベーシックインカム導入で健康保険・介護保険統合、健保財政改善へ

  7. 7

    高校教育の多様化を教育の水平的多様性実現の起点に:『教育は何を評価してきたのか』から考える

  8. 8

    同一労働同一賃金制の本質-2:総合職・一般職コース制復活と専門・専任職制との統合

  9. 9

    ベーシックインカム生活基礎年金15万円で社会保障制度改革・行政改革

  10. 10

    明治安田生命、契約社員の7割女性1900人を正社員に。その背景と目的

TOP