1. HOME
  2. NATIONAL POLITICS
  3. 女性参政権75年に思う-1:現役猪口邦子氏、元中林美恵子氏女性国会議員の発言から
NATIONAL POLITICS

女性参政権75年に思う-1:現役猪口邦子氏、元中林美恵子氏女性国会議員の発言から

昨日2020年12月21日付中日新聞(=東京新聞)に
「女性参政権75年、増えぬ指導者 目標達成遅れ」と題した記事が載りました。

1945年12月に、女性参政権を認めた「改正衆院議員選挙法」が公布されて今年12月で75年。
しかし、現在の衆議院議員の女性比率は9.9%で、190カ国中167位。
間違いなく後進国です。

課題先進国日本どころか、また「課題解決先進国」など程遠い、恥ずべき「課題未解決後進国」日本の現状の象徴の一つです。
(参考)
単なる課題先進国から、課題解決先進国、日本へ (2020/12/21投稿「脱貧困「達成」宣言の習近平中国とベーシック・ペンションによる日本の貧困撲滅」文中から)

「第5次男女共同参画基本計画」の中身は?

同記事では、今年が政府による「指導的地位に占める女性の割合30%」目標達成期限だったが、未達も未達。
反省してもらってもどうしようもないが、今週に閣議決定される新たな「第5次男女共同参画基本計画」で、2020年を「2020年代の可能な限り早期に30%程度」、衆院議員候補者女性比率「2025年までに35%」にするという。

達成ししなくても法に触れることではないので、お気楽なこと。
衆院女性議員数が35%ではなく、候補者数比率が35%なので、いい加減なものです。

この候補者数比率目標のリークがあったせいか、次に紹介する2人の現役と元の女性国会議員へのインタビューの内容に、そのことが反映されているのでした。

現役参議院議員猪口邦子氏のインタビュー発言

一世を風靡した?、かの猪口さん。
いつの間にか参院議員歴10年を超えていました。
というか、正直、参院議員であったことは知らなかった。
あまり露出する機会がなかったためかどうか、私の関心がなかっただけか。

同氏は、この数値目標の未達について、小泉政権で「少子化・男女共同参画担当相」だった2005年当時、5年後の数値目標を入れるべきだったと反省の弁を述べつつ、「能力がある女性はたくさんいるが社会文化が変わらず起用されていないのか」と言います。

そして、
「女性で地盤を譲り受けて国会議員になる人は少なく、別の職業で身を立ててきて、才能が察知された時に候補者に推される。長く女性は過小評価され、過少起用されてきた。女性を重点的に起用する必要がある。」

こういう認識です。
地盤を譲り受けることは、世襲制も含むわけですから、世襲そのものを否定してはいないわけです。
ご自身が能力があると認められたから現状の議員職がある。
そう言っているようにも聞こえます。
しかし何よりも、その能力がある人でさえ、受け身のこの姿勢、この発言です。
米国留学で博士号を取得した彼女でも、女性を「男性社会」の中で「起用される」立場、「認められる」立場と捉えているわけです。

「女性は公認候補になれば当選する割合が高いと思う。そもそも今は、女性候補には当選困難な選挙区しか空いていない場合が多い。より広い範囲で擁立すべきで、女性候補を大量に擁立し、勝ってこいと党として支援したらいい。」

候補者数は増やせるが、端から当選は難しいところに女性候補者を配し、員数合わせをしている。
正直な、偽らざる実態報告というわけです。
そして女性はそれに甘んじている、というか、言うことを聞くしかない。
政権政党の実態です。

衆議院議員経験者の中林美恵子早大教授のインタビュー発言


中林氏は、米国で米国議会上院補佐官を務めた経験がある中林早大教授も、猪口氏と同じ感覚での話をしています。

「候補者を女性党員に選んでもらうなどの工夫が必要だ。当選回数を重ねなければ責任ある役職を与えないような政治文化を見直すべきだ。女性候補に厳しい選挙区ばかりを割り当てないなどの支援も欠かせない。」

そして、
「女性議員が30%を超える一つの塊となれば、立法過程で無視はできない。」
としつつも、

「日本では、政党の仕組みありきの男性中心の権力構造の中で、彼らの意向に沿った女性候補が選ばれる。選ばれる基準は明確でなく、有権者の下からの改革の声が反映されない。」

と言っています。
有権者の「下」からの声、という表現は不適切と思いますが、こうも言っています。
「ただ世界順位での見栄えを気にして、女性議員を増やそうという意見には賛同できない。生活に根差した女性の声を立法に反映してくれない議員では意味がない。」

ならば、そうではない政党、そうではない政治社会、そして社会全体を、女性自ら創るだけ、創るしかない、創るべき、でしょう。
女性自らその活動に取り組めば、間違いなく政治は変わり、社会も変えることが可能になります。

国会議事堂


実は、この考えをベースに、以下のシリーズを今年9月に投稿しています。

<女性にしか社会は変えられない>シリーズ:「女性が社会を変える10年計画」「女性国会議員4割実現10年計画」私案

◆ 男性社会改造への途(2020/9/21)
◆ 女性活躍推進政策を女性自身はどう感じてきたか(2020/9/22)
◆ 常態化した女性高学歴社会への期待と主体的な社会経済活動参加の先(2020/9/23)
「平和と社会保障と民主主義を守る女性会議」(仮称)創設のご提案(2020/9/24)
女性主体政党創設の夢:2030年自民党女性国会議員30%、20年後女性総理誕生に先駆けて(2020/9/30)


しかし、いきなり政党、政治活動というのは飛躍しすぎ、かつ前のめりすぎますので、事前の基盤作りの方策とその考え方についてシリーズ化したのが以下です。

『リベラルの敵はリベラルにあり』から考えるシリーズ

『リベラルの敵はリベラルにあり』から考える、個人の生き方と社会の在り方-1(2020/10/18)
◆ 政治的なるものと日常生活における個人と社会:『リベ敵』から考える-2(2020/10/21)
◆ 生身の弱い個人とそのアイデンティティを救えないリベラルの弱み:『リベ敵』から考える-3(2020/10/22)
◆ 包摂すべきリベラル、が陥る排除の論理:『リベ敵』から考える-4(2020/11/14)
◆ 「リベラルの敵がリベラル」の根拠と対策:『リベ敵』から考える-5(2020/11/20)
◆ リベラル・女性主体会派・ベーシックインカム、社会問題解決のための三段論法:『リベ敵』から考える-6(2020/11/25)
◆ 分断を生むネット空間で女性層や無党派層をグループ化できるか:『リベ敵』から考える-7(2020/11/25)



そこから得たヒントをベースに、まずカウンター・デモクラシー活動を始めるべきとしてシリーズ化したのが以下です。

◆ カウンター・デモクラシーとは:私たちにもできる民主主義とベーシック・ペンション実現をめざす暮らし(2020/12/6)
◆ ひとりカウンター・デモクラシーの日常化とベーシック・ペンション(2020/12/7)
◆ ベーシック・ペンション実現のためのカウンター・デモクラシーに取り組む5つの手順・条件(2020/12/8)
◆ 私たちが取り組めるカウンター・デモクラシー、取り組みたいカウンター・デモクラシーを探す途(2020/12/9)
◆ 当事者としてのカウンター・デモクラシー、共感者としてのカウンター・デモクラシー(2020/12/11)

その間にこの記事も挟みました。
真のリベラル政党が2022年以降に政権を取るための絶対的シナリオ(2020/10/27)


そして、ここに来ました。

女性主体政治会派設立で、女性が女性を国会議員に!:「ネットサロン・平和と社会保障と民主主義を考える女性の会」設立準備中!


既成政党ではない、女性主体の新しいグループを女性自ら立ち上げ、さまざまな不安や問題を抱える女性を包括的に組織化し、その中から希望者や適切と思われる女性を衆院選挙候補者に擁立し、当選させ、政治を変えていく。

そう構想し、先ずは基盤作りのために、カウンター・デモクラシー・グループとしてネット上に「ネットサロン・平和と社会保障と民主主義を考える女性の会」を創設する。

その活動を、新しい年2021年の1月1日元旦に始めるべく、以下に歩を進めています。

◆ ネットサロン・平和と社会保障と民主主義を守る女性の会、開設準備室設置しました(2020/12/12)
ベーシック・インカム専用サイト開設準備と「ネットサロン・女性の会」運営準備(2020/12/13

この方向・方法で、今2020年12月下旬を迎えていますが、今回の<女性参政権75年>記事を目にしたことから、もう1~2回、この観点から考え、加えて今週中に閣議決定される<第5次男女共同参画基本計画>の内容も加えてシリーズを続けたいと思います。

女性参政権100年を迎える2045年には、政治体制が変わり、女性自らが政治主体の重要なヘゲモニーを獲得し、平和と社会保障と民主主義が守られ、確立された社会を構築している。

そのための活動を、現実的に始めるのが2021年。
そう位置付け、活動のための組織基盤作りが始まる年にできればと考えています。


現在、「守る会」を「考える会」に改めています。

Facebookのアカウントをお持ちの女性は、こちらに是非ご参加ください。
「ネットサロン・平和と社会保障と民主主義を考える女性の会」開設準備室

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


写真素材素材【写真AC】
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
無料イラスト素材【イラストAC】

おすすめ記事






















ピックアップ記事