日本初デジタル地域通貨「白虎」開発の藤井靖史会津大客員准教授にアプローチ

社会政策

昨日2020年12月17日日経で
「デジタル通貨の可能性、政策効果「見える化」 内閣官房「オープンデータ伝道師」藤井氏に聞く」
という記事を見ました。
(リンクは、切れるかもしれません。)

会津大学産学イノベーションセンターの藤井靖史客員准教授への、インタビュー記事で、同氏は、内閣官房により「オープンデータ伝道師」に任命された人物ということです。

それよりも何よりも動かされたのが、同氏が、日本で初の次世代デジタル通貨「白虎」の開発に関わった人物であったこと。

この人に聴いてみよう!
そう反射的に思い、すぐにFacebookで検索しアカウントを確認。
すぐに、当サイトに投稿済みの記事
ベーシック・ペンション宣言!-1:日本独自のベーシックインカム生活基礎年金導入を
を添付し、日経紙の記事を読んだ旨記して、友だちリクエストも添えてメッセージを送信。

すぐに、FB友承認頂くと共に、添付した記事資料へのお礼を添えた返信を頂きました。
そこで、技術的に可能かどうかなど評価・助言を頂ければ、とのお礼とお願いも図々しく返信。

果たして、ご意見を頂けるかどうか、祈るばかりです。

私の同記事の内容を、小見出しを拾って紹介すると以下のとおりです。

ベーシック・ペンション生活基礎年金とは
日本銀行発行のベーシック・ペンション生活基礎年金JBPデジタル通貨
ベーシック・ペンションの支給額及び支給方法
・生活基礎年金月額15万円、児童基礎年金月額8万円等
・個人番号(マイナンバー)と紐付けした日本銀行本人名義JBP専用口座に振り込み
ベーシック・ペンション、JBP通貨の利用方法
・基礎的生活費限定利用制のJBP
・JBP受け入れ事業所の登録制
・受け入れ事業所のJBP通貨処理
・JBPの使用・流通期間限定制:受給通貨の利用可能期間は4年間
・譲渡・贈与・相続・資産化禁止のJBP
ベーシック・ペンション、JBP通貨の管理システム
・年度別発行通貨管理システムと総合発行残高管理システム
・日本銀行によるJBP通貨の回収と消却

詳しくは、同記事で確認頂ければとお願いして、こうした内容が開発コストやサーバー等維持管理コストを別にして、技術的に可能かどうかの裏付けが欲しかったわけです。

Twitterで、ただ一般的に呼びかけはしましたが、現状何の反応もない状況なので、ここは、動くしかない!と。


デジタル地域通貨「白虎」、会津大学で実証実験へ

そして、日が改まり今日。
同記事とは別に、今年6月29日記事で
「次世代型デジタル通貨「白虎」、まず会津大で流通へ」
という記事が掲載されていたことも確認できました。

(参考):会津大ホームページより
日本初のデジタル地域通貨「Byacco/白虎」のオープニングセレモニーが行われました


デジタル地域通貨「白虎」の特徴とJBPとの比較


「Byacco/白虎」は、ブロックチェーン技術を使ったデジタル通貨で、同市に開発拠点を置き高い技術力をもち、カンボジア国立銀行(中央銀行)のデジタル通貨の開発を手掛ける、ベンチャー企業ソラミツが開発したもの。
既に今年7月1日から、福島県会津若松市にある会津大学の食堂と売店で流通実験が始まっていました。
段階的に大学外へ広げ、スマートシティー構想を進める会津若松市の官民が普及を支援する構想とあります。

その特徴は、概略以下のように整理できました。

1)ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使ったデジタル通貨
2)地域(限定)通貨
3)客から受け取った店がそのまま仕入れなど別の用途に使用する「転々流通」が可能
4)利用者はスマートフォンなどに入れた専用のアプリで管理
5)データ分析を地域経済活動に活用


いずれも、私が
ベーシック・ペンション宣言!-1:日本独自のベーシックインカム生活基礎年金導入を
で記述した、ベーシック・ペンションBPと共通・類似した考え方であることを確認できます。

地域通貨は、BPが日本という一つのローカルな国の地域通貨であることと同じです。
「転々流通」は、BPでは、「二次事業者」への利用・受け入れとしています。
データ活用についても、日銀が、年次ごとにBPの発行・利用・残高などのデータを公表することで、有効利用が可能になります。

残る課題には、BPが通常の通貨と同価値であることが絶対条件ですが、例えば、暗号通貨のテザー(USDT)は、法定通貨である米ドルと同価値を保証されたステーブルコインであるように、JBPには何の不安もありません。

また、白虎のシステムでは関係ありませんが、BPでは日銀が回収したJBPデジタル通貨は、バーン(消却)し、その分は、新たなJBP通貨の発行に循環するシステムを取るのが特徴です。
このシステムについて、最も藤井靖史氏に意見を伺いたいところです。


専用デジタル通貨生活基礎年金ベーシック・ペンションJBPの技術的裏付けが可能になるか


日本独自のベーシック・ペンションJBPデジタル通貨を提案してきましたが、最大の課題が、財源問題とこのデジタル通貨化の2つと認識してきました。
後者については、これまで、以下の記事で、その不安と提案しつつも自信がない気持ちについて述べてきました。

◆ ベーシックインカム専用デジタル暗号通貨化可能性の有無、導入の可否(2020/10/29)
日本型ベーシックインカム、日銀BI特定デジタル通貨化の課題(2020/11/6)

果たして、藤井靖史氏から何かしらのご意見を得られるかどうか、もし得られた場合どんな内容で頂けるか。
ワクワクとハラハラ、双方の気持ちで待ちたいと思います。

万一困難であっても、白虎の実証実験が、この先に光を当ててくれると信じており、BP実現への気持ちは、今回の記事で、より高まっているのであります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


年間記事ランキング

  1. 1

    2020年人口動態調査に見る、少子高齢化・人口減少社会:日本の人口1億2427万1318人

  2. 2

    帝国的生活様式、グリーン・ニューディール、気候ケインズとは:『人新世の「資本論」 』が描く気候変動・環境危機と政治と経済-1

  3. 3

    ローカル・フードシステム、オルタナティブ・フードシステム、CSA実践・実現のための課題:『日本の食と農の未来』から考える-3

  4. 4

    水素利用の燃料電池トラクター、クボタ2025年世界初導入へ

  5. 5

    みずほ銀行岡崎支店が名古屋駅前支店内に移転?

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
おすすめ記事1 おすすめ記事2 特集記事
  1. 経済成長主義に基づく子育て支援政策の限界:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-4(総括)

  2. 子育て支援は女性活躍が目的なのか?:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-3

  3. 親にとって子育ては次世代への投資か?:山口慎太郎氏「子育て支援論」から考える-2

  1. 既存原発立地県福井県の水素産業化政策から考える、廃炉までの原発の水素産業化限定利用

  2. 米国EV税優遇、自国3社のみ。ポーランド等NATO及びEU加盟東欧国、ウクライナ農産品禁輸:共通する自国第一主義・保護主義と向かうべきその方向

  3. 看取り介護、直葬式、見送り、相続・社会保険諸手続き、永代供養・納骨手配、老後資金使途管理:100歳義母を看取り、見送った体験記録。終活の参考に

  1. WANを女性主体政党創設の基盤に:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-8

  2. 女性政党政治はジェンダー平等に反するか:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-7

  3. 日本版パリテ法「候補者均等法」で、どうなる女性議員クオータ:三浦まり氏著『さらば、男性政治』から考える-6

記事アーカイブ

過去記事ランキング

  1. 1

    グリーントランスフォーメーション(GX)とカーボンゼロ・イノベーション

  2. 2

    2020年人口動態調査に見る、少子高齢化・人口減少社会:日本の人口1億2427万1318人

  3. 3

    日本在住移民・外国人へのベーシックインカムをどうするか:BI導入シアン-19

  4. 4

    帝国的生活様式、グリーン・ニューディール、気候ケインズとは:『人新世の「資本論」 』が描く気候変動・環境危機と政治と経済-1

  5. 5

    みずほ銀行岡崎支店が名古屋駅前支店内に移転?

  6. 6

    ベーシックインカム導入で健康保険・介護保険統合、健保財政改善へ

  7. 7

    高校教育の多様化を教育の水平的多様性実現の起点に:『教育は何を評価してきたのか』から考える

  8. 8

    同一労働同一賃金制の本質-2:総合職・一般職コース制復活と専門・専任職制との統合

  9. 9

    ベーシックインカム生活基礎年金15万円で社会保障制度改革・行政改革

  10. 10

    明治安田生命、契約社員の7割女性1900人を正社員に。その背景と目的

TOP